埼玉県戸田市(市長:菅原 文仁)と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:柘植 一郎、本社:東京都港区、略称:CTC)は、ビジネスにおけるメタバース活用の課題や有効性を確認する目的で、バーチャル空間でのビジネス展示会「VIRTUAL EXPO in TODA」の実証実験について基本協定を締結しました。本展示会参加者からの意見をもとにユーザー体験(UX)やバーチャル空間の機能、イベント運営などの改善につなげ、将来に向けて実用化を目指します。

「VIRTUAL EXPO in TODA」では、申込者は、自宅や会社からインターネット上のアバターを通して展示会に参加することができます。アバターを操作して、臨場感のある3D空間で各ブースを巡ったり、マイクを使用して音声で会話したりすることも可能です。参加企業にとっては、密を回避しつつ、リアルの展示会さながらに多くの来場者に対してPRの実施を図ることができます。
また、当日は報道関係者用のIDにて、仮想空間上で取材いただくことも可能です。

 

【VIRTUAL EXPO in TODAの概要】
開催日時: 6月22日(水)、23日(木)、24日(金) 各日10:00~16:00
開催方法: メタバースを活用したオンライン展示会
取材申込:戸田市経済政略室あてにメールで連絡(入場用のIDを発行します)
メールアドレス:keizai@city.toda.saitama.jp
※一般来場者は6月初旬から下記ホームページより申込み

戸田市は、既に2021年9月25、26日に、CTCのバーチャル空間「CTC Digital Base」(※1)を利用した市民イベントを開催しました。バーチャルでのサッカー体験や花火大会の実施に加え、市内企業14社によるPRコーナーも展示会場に設け、数百人規模のイベントとなりました。
バーチャルイベント2回目となる今回のVIRTUAL EXPO in TODAは、ビジネス展示会として近隣市区などからも参加企業を募り、約30社が出展します。多くの意見を集めることでメタバース活用の実証につなげるものです。今回もCTC Digital Base内での開催です。

CTC Digital Baseは、ユーザーのアバターを通して体験するメタバースの施設です。CTCは、会議やトレーニングなどの社内コミュニケーションでの活用を経て、お客様との商談や商品説明、各ソリューションベンダーを招いた展示会の開催を含めて、メタバースの更なるビジネス利用の可能性を追求しています。
戸田市とCTCは、今回の実証実験を通して、地域企業の産業競争力強化を図るとともに、地域課題解決につながるようDX推進の取組みを相互協力していきます。実証実験の効果検証を行い、様々な課題に対応する地域イベントの新しいあり方を探り、全国の自治体でも通用するビジネスモデルの創出に努めていきます。

※1 CTC Digital Base: 3D仮想空間サービス「Virbela」を利用したメタバースの施設。Virbelaは、オフィスや商談スペース、学校などをオンライン上で仮想施設として開設し、ユーザーの分身であるアバターを使用して会議やイベントなどを開催できる米eXp World Technologies, LLC.のクラウドサービス。
※ 記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

2022年5月20日の調印式の様子

2021年9月の市民イベントの様子